CARPE DIEM | BRAZILIAN JIU-JITSU(東京の柔術道場)

COLUMN

#17 チャリティーセミナー

Posted on 2014/11/28

SR-1125

先日、カルペディエム広尾でチャリティーセミナーを開催しました。大人気のブラジリアン柔術道着ブランド「SHOYOROLL」の社長で黒帯のベアーことヴィンス・キトゥグアさんと、うちの道場のインストラクターである岩崎正寛が二人で「ハーフガード」のテクニックを教えるセミナーでした。

セミナーの参加者には受講料として5,000円をいただき、さらに入手困難なSHOYOROLLの道着4着をオークションにかけて、その売り上げをすべて「きょうこちゃんを救う会」に寄付させていただきました。

セミナーには42名もの参加がありました。そして、道着のオークションでは2着の道着にそれぞれ10万円での落札者が現れました。チャリティーだからこその落札価格だと思います。心から感謝を述べたいと思います。他の2着もそれぞれ、5万円、4万円で落札されました。この他にも寄付などもいただきました。

これが、チャリティーセミナーで集まったお金の詳細です。

寄付      65,000円
オークション 290,000円
参加費    210,000円

合計      565,000円

565,000円は僕の会社の口座から「きょうこちゃんを救う会」の指定口座に本日振り込みさせていただきました。

IMG_7262

三輪響子(みわ きょうこ)ちゃんは、今年の9月に突然「拡張型心筋症」と診断されて、人工補助心臓を付ける手術を受け国内の病院で闘病しています。しかし、これは一時的な処置に過ぎません。きょうこちゃんの命を繋ぐにはアメリカで心臓移植手術を受けしかないのが現状です。そして、これには莫大な金額(1億7千万)が必要となり、一般的な家庭が負担できるはずもありません。

様々なチャリティーが行われていますが、僕は自身の体験を語ることができるので「子供の病気」にフォーカスしていろいろなチャリティー活動をさせてもらっています。特に心臓病の場合は多少の知識もあるので、参加者の方々に自分の言葉でその病気のことを説明することができます。

きょうこちゃんは9月まではダンスなどをする元気な女の子だったそうです。突然の入院、そして手術。とても辛かったことと思います。きょうこちゃんのHPにはプロフィールが掲載されていて「将来の夢」にカメラマンとありました。それを見た胸にこみ上げるものがありました。そしてすぐに、このチャリティーセミナーの講師になってくれないかと、SHOYOROLLのベアーと岩崎正寛に依頼しました。二人とも快諾してくれてとても嬉しかったです。

セミナーには沢山の方が来て下さって感激しました。改めてお礼申し上げます。

CARPE DIEM BRAZILIAN JIU-JITSU 代表 石川祐樹

_MG_0143

_MG_0063

_MG_0055

_MG_0011

_MG_0006

_MG_0001

Photo by Satoshi Narita

Top of Page