CARPE DIEM | BRAZILIAN JIU-JITSU(東京の柔術道場)

COLUMN

#13 新たなるステージへ

Posted on 2014/08/20

また久々の更新になってしまいました。広尾道場は当初の8月オープンは断念して、9月1日のオープンになりました。そろそろ内装も終わります。今月の23日から「プレオープン」としてレッスンを開始する予定です。「やっとここまでこれた。。」って感じです。

スタッフが2人増えました。橋本知之という21歳の若者が地方から出てきました。あと1年で大学を卒業できたというのに。。どうせ行ってなかったという噂もありますが。。笑 橋本には広尾のインストラクターとして頑張ってもらいます。現在はツヨシ、岩崎のアパートで同居させていますが、そろそろ岩崎は三田道場の近くに引っ越すことになりそうです。橋本の面倒はツヨシが見てくれることでしょう。スタッフ達で助け合って常に楽しい生活を送って欲しいと思います。「修行期間」なのかもしれませんが常に楽しまないと結局は続かないと思います。料理の世界ではいまだに「最初の1年は皿洗いだけ」というような風習があったりもするようですが、カルペディエムは逆です。東京に来て二日目から指導させました。もう完全に指導が板についています。責任を与えれば、それに応えようとしてドンドン成長していくものだと信じています。

もう1人のスタッフはフランス人のトーマスです。カルペディエムは国際的な道場なので、スタッフにも外国人が1人いるほうが良いかなと思いました。トーマスはフレンドリーだし、柔術の選手としての実力もあります。そして幼稚園で英語を教えていたのでキッズの扱いがとても上手いのです。すでに有能なスタッフとして頑張ってくれています。

道場の数も増えて、生徒さんの数もかなり増えました。悲しいですが、もう全員のお名前を覚えることもできなそうです。それはスタッフの仕事になります。僕はこれからもできるだけ指導は続けますが、オフィスに籠ることも増えるでしょう。麹町でほとんど全てのクラスを1人でやっていた頃が懐かしいですね。カルペディエムは新たなるステージへ踏み出すことになりました。

_DSC1552

Top of Page