CARPE DIEM | BRAZILIAN JIU-JITSU(東京の柔術道場)

COLUMN

#20 新スタッフの渡辺和樹です

Posted on 2016/02/17

また久々の更新になってしまいました。

スタッフが一人増えました。福島出身の渡辺和樹です。すでに茶帯を取得している期待の24歳です。体も大きく頑丈です。温和な性格でキッズクラスの指導も上手です。

これでスタッフが6人になりました。玉木、岩崎、橋本、トーマス、岡崎、渡辺です。そしてアスリート制度が適用されている鈴木がいます。けっこうな大所帯になってきました。広尾道場も軌道に乗ってきたのでやっと僕も自分の仕事に集中できそうです。

渡辺は仙台では仕事をしながら柔術をしていました。しかし、もっと高いレベルで、多くの練習をして自分の柔術を高めたいという思いからカルペディエムで働くことを希望したそうです。「全細胞を柔術に注ぐ」とみんなの前で宣言してくれました。その言葉通り毎日頑張ってくれています。朝は他のスタッフとドリルをしているようです。10時に僕のオフィスに来て2時間ほど、掃除、洗濯、事務仕事をします。12時からクラスに参加。クラス後はまたスタッフでシチュエーションスパーリング、16時からはキッズクラスの指導。夜はまた指導と練習。。こんな生活をしています。現在は岩崎と同じアパートで暮らしています。こんな生活をずっと続けることはできません。若いうちにしかできないことです。集中して頑張ってほしいと思います。

うちのスタッフには決まった勤務時間はありません。指導担当のクラスの30分前に道場に来ること。それだけです。あとはスタッフ達で考えて自主的に練習をしています。僕が管理することは一切ありません。シビアですが結果しか求めていません。生徒さんには結果を求めることはしません。毎日の練習を楽しんでほしいと思っています。スタッフにとっては柔術は仕事なので、楽しむのは大いにけっこうですが結果を出してもらわなければなりません。辛いこともあるでしょうが、6人のスタッフ達でお互いに支え合ってほしいと思っています。

渡辺は今年は実力をつけて、体を強くする時期です。来年からは海外遠征にも行かせます。皆さん、渡辺和樹を宜しくお願いいたします。

 

 

_X8A1989

Top of Page