CARPE DIEM | BRAZILIAN JIU-JITSU(東京の柔術道場)

  • main image
  • main image
  • main image
  • main image

INSTRUCTORS

柔術が好きなのは当然。その次に好きなものについて語ります。

YUKI ISHIKAWA

Director

YUKI ISHIKAWA

Yuki Ishikawa | Instagram
Yuki Ishikawa | facebook

Director

YUKI ISHIKAWA

僕の趣味はカメラです。Pentax67Ⅱというすごく古いフィルムカメラを使っています。中盤フィルムのカメラなのです。とにかく重くてデカいのです。持ち歩くとすぐに腰が痛くなってしまいます。暗いところで撮影ができなかったり、現像などにお金がかかったりデジタルに比べると大変なことばかりです。しかし、やっぱりフィルムで撮影した写真が好きなんですよね。。何とも言えない暖かさがあって。たまには暗室で自らプリント作業を行うこともあります。徹夜でフィルムに向き合って色を調整している時間が大好きなのです。

Chief Instructor (Mita)

MASAHIRO IWASAKI

MASAHIRO IWASAKIi | Instagram
MASAHIRO IWASAKI | facebook

Chief Instructor (Mita)

MASAHIRO IWASAKI

趣味は読書です。基本的に何でも読みますが小説だと石田衣良の「池袋ウエストゲートパーク」や金城一紀の「ゾンビーズシリーズ」などが好きです。高橋歩などのサンクチュアリ出版の本もデザインが好きで良く目を通します。その時の自分のブームもありますが、スポーツ実用書関連はいつも何かしら読みます。面白かったのは「BORN TO RUN」「仕事ができる人はなぜトライアスロンに挑むのか!? 」です。ビジネス本も読みますが一般のブームが去ってから読み始める事が多いので旬にはいつもついていけません。本を選ぶときは大体ジャケ買いです。平に置いてある本しか手に取りません。平で置いてある本は旬で変わりますからそれを選ぶのも楽しみの一つです。ですから本屋に行く事が趣味と言っても良いのかも・・・

TOMOYUKI HASHIMOTO

Chief Instructor (Hiroo)

TOMOYUKI HASHIMOTO

TOMOYUKI HASHIMOTO | Instagram
TOMOYUKI HASHIMOTO | facebook

Chief Instructor (Hiroo)

TOMOYUKI HASHIMOTO

私が柔術の次に好きなものは、漫画と映画です。漫画や映画では、自分が体験することが出来ないことを擬似体験することが出来ます。ヒーローやマフィア、囚人、億万長者などの人生を体験することができます。狭い世界の中で偏った生き方をしてきた僕にとって、様々な人生を見せてくれる漫画や映画はかけがえのないものです。
 最近読んで面白かった漫画は松本大洋のSunnyです。親のいない子や親が面倒を見れない子が預けられている施設での話なので少し悲しかったりするのですが、とても暖かいタッチで描かれていて、どこか懐かしさを感じます。少し不幸な境遇の中で寂しさを感じながら、それでも楽しく生きる子供達の姿は勇気を与えてくれます。
 特に好きな映画のジャンルは刑務所ものです。その中でも暴力脱獄がすきです。ポールニューマン主演の映画です。タイトルは物騒な感じですが内容は真逆です。ポールニューマン演じるルークはどんなの辛い状況でも笑顔をみせます。どん底でもそのなかで何か楽しいことを見つけます。そして周りの囚人達も楽しくなります。
 どんな状況でも楽しそうなルークに僕は大きな勇気をもらいました。

THOMAS MIETZ

Staff/Instructor

THOMAS MIETZ

THOMAS MIETZ | Instagram
THOMAS MIETZ | facebook

Staff/Instructor

THOMAS MIETZ

私はブラジリアン柔術の他にもたくさんの活動に興味がありますが、その中で選ぶとするならば、お気に入りはBMX(Bicycle Motocross(バイシクルモトクロス))とチェスでしょう。
私がBMXに乗り始めたのは6歳の時で、なぜならモトクロスに魅了されたのと、それらに乗る人がダートトラックと言われる泥土の舗装されていない道を時速150キロものスピードで走ったり、宙に飛んだりするのに憧れたからです。 私にとってはそれが物凄くいかした/すばらしいものに見えたので、最初にダートトラックで飛んだり跳ねたりを経験し、それから後にパリに引越してからはストリートライディングに移行していきました。 ストリートBMXライディングは可能な限りの高さ、速さ、スタイリッシュさ等、かっこイイ技をこなすには都会の建築物に慣れることが必要です。 私はこのクリエイティブな部分が好きで、それが事実、私を各地へ巡らせ、充実した時間をフランスやヨーロッパの素晴らしい人達と過ごす事が出来ているのです。
チェスも一つのクリエイティブなものだと言えるでしょう。何人かの人はチェスをスポーツとみなし、その他の何人かの人々は科学や芸術だとかと考えます。 けれどもチェスは単なるゲーム以上のもので、良いレベルに上がる為には多くの時間をを捧げなくてはなりません。 相手に打ち勝つためには計画と策略、計略と反撃を使いながら、守備位置を熱心に研究する必要があります。 以前はよくインターネットやパリの公園で何時間も、見知らぬ人だったり、ビジネスマン、医者、放浪者を相手にチェスをしたものです、、、。社会的地位など問わず、チェスは36コマでキング(王)を守る!という事なのです。

KOYA OKAZAKI

Staff/Instructor

KOYA OKAZAKI

KOYA OKAZAKI | Instagram
KOYA OKAZAKI | facebook

Staff/Instructor

KOYA OKAZAKI

僕の好きなことは音楽です。柔術をするときも他のことをするときも常時音楽を聴いています。特に好きなのはレゲエや昔のヒップホップです。Steph Pockets, Speech, Lauryn Hill, もちろんBob Marlyも外せないです。基本的に落ち着いてる音楽が大好きです。たまに、リズムに合わせて踊るときもあります。実はダンスも好きです。

KAZUKI WATANABE

Staff/Instructor

KAZUKI WATANABE

KAZUKI WATANABE | Instagram
KAZUKI WATANABE | facebook

Staff/Instructor

KAZUKI WATANABE

僕が柔術の次に好きな事は登山です。
登山をしていると、なんだか人生みたいだなって思う事があります。きつい登り道を歩いていると気持ちが負けそうになる時があります。しかし、一歩一歩確実に歩を止めなければ必ず頂上に着きます。この時の達成感がなんとも言えないくらい気持ちがいいのです。頂上からみる景色は最高です。自然の偉大さを感じさせてくれます。これからも時間を見つけて登山したいです。

JASON COTTRELL

Instructor

JASON COTTRELL

JASON COTTRELL | Instagram
JASON COTTRELL | facebook

Instructor

JASON COTTRELL

正直言うと、子供の頃はスポーツが好きではありませんでした。いつも読者をしたり、テレビを見たりする事に夢中になっていて、ずっとソファで過ごすような結構な怠け者でした。けれども13年前に日本に来た時、友達は近くに住んでいないし、日本のテレビは好きではなかったし。。(実際、日本に来て最初の2年はテレビを全く見ませんでした)で、時間を埋める為にも、仕事場の近くのジムに入会し、週に4回~6回と、通い始めました。今ではもう、時間があればジムで体を動かしたり、外で走ったりする事に時間を費やすのが好きで、休暇で海外にいる時でさえ、そうしてしまいます!ということで '私の好きな事' は、体を動かす事とランニング!なのだと思います。

KENICIH ITO

Instructor

KENICIH ITO

KENICIH ITO | Instagram
KENICIH ITO | facebook

Instructor

KENICIH ITO

私が好きなのは「勝負」です。勝負と言っても麻雀、パチンコなどギャンブルにはまったく興味がありません。純粋にプロスポーツの「勝負」です。今は自分もプロで闘っておりますので満たされていますが、身体が動かなくなったらプロスポーツの球団を経営したいと思っております。やはり日本のメジャースポーツ、サッカーか野球の球団を経営したいなと思っております。そして毎週勝った負けたの世界に身を投じて定年を迎えたいと思ってます。

RINTARO ISHIGE

Instructor

RINTARO ISHIGE

RINTARO ISHIGE | Instagram
RINTARO ISHIGE | facebook

Instructor

RINTARO ISHIGE

乗り物が好きです。車、バイク、自転車、それぞれの乗り味、スピード感を季節や天候、距離感やその日の予定に合わせて、選ぶ過程から楽しいです。同じ目的地迄の道のりでも、選んだ物によってスピードが違うので、目に止まる時間の流れで、違う見え方をするのが好きです。

YOSHIHIKO MATSUMOTO

Instructor

YOSHIHIKO MATSUMOTO

YOSHIHIKO MATSUMOTO | Instagram
YOSHIHIKO MATSUMOTO | facebook

Instructor

YOSHIHIKO MATSUMOTO

僕の好きなものはパンが好きです。
サンドイッチ、ベーグル、家で焼いたトーストも好きですが、特にハード系というか固いパン、ドイツパン的なもの…というか詳しくは無いのですが、レーズンとかクルミ、ナッツがたくさん入ってるものが特に好みです。
将来はパン屋さんになりたいです…

HITOSHI WATANABE

Instructor

HITOSHI WATANABE

HITOSHI WATANABE | facebook

Instructor

HITOSHI WATANABE

私の好きなものは料理です。最近は特にラーメンを作るのにハマってます。スープ、チャーシューは勿論ですが麺も自家製です。スープは豚骨、鶏ガラ、魚介までオールマイティに色々と試行錯誤しながら挑戦してます。麺においても太さや小麦粉の種類、水温、加水率などその日の気温などで微妙に変えて打ってます。麺は生き物ですからね。美味しいスープを作るにはガラの下処理、煮込みで最低でも4、5時間はかかります。麺も最低でも1日以上寝かせなければなりません。食べるのは5分ですけどね。たかがラーメンされどラーメン!旨いものを作るのに妥協は許されません。いつか、皆さんにご提供できる日が来るかもしれませんね。

KOICHI WARAGAI

Instructor

KOICHI WARAGAI

KOICHI WARAGAI | Instagram
KOICHI WARAGAI | facebook

Instructor

KOICHI WARAGAI

私の「好きなもの」ではないですが、「好きになろうとしているもの」は「鉄道」です。今まであった趣味らしい趣味は仕事と絡んでしまったことにより、柔術以外なくなっていたところ、現在2歳の息子が「鉄道」にはまったのです。まあ、男の子にありがちな話です。「ぶーぶ」(車)やバスも好きなのですが、最近新幹線に乗る機会が増えたこともあり、 家で急に「しんかんせん!」とか叫びます。 また、「ちゅうおうせん!」「じぇいあーる!」「さいきょうせん!」とか電車の固有名詞も口にします。親戚がくれた乗り物の写真絵本のおかげです。よく、「こえ(これ)?」と指差しては、電車や新幹線の名前を聞いてきます。だいたいそこに書いてあるのですが、「E○系」とかはそのまま答えていいのか、よくわかりません。 しかし、元々「てっちゃん」の資質が無かった私でも、「この電車は近未来的でかっこいいなあ」ぐらいは思うようになりました。最近は、よく最寄駅まで電車を見に行ったり、近くの駅まで乗ったりしています。 息子は駅のホームで電車を見送ると、「でんしゃ、ばいばい」と手を振ります。ごくたまに車掌さんが手を振り返すと、かえってびっくりして固まったりします。もう少し分別がついたら、鉄道博物館に連れて行こうと思います。何につけてもまずは知識から入るタイプの私自身も、これを機に鉄道マニアの道を進み、息子に聞かれて何でも答えられるようになるのが理想です。

NOBUHIKO TAKATSU

Instructor

NOBUHIKO TAKATSU

NOBUHIKO TAKATSU | facebook

Instructor

NOBUHIKO TAKATSU

趣味ではないのですが、毎年1回は仕事と柔術の練習を休んでビーチのあるリゾートに家族で泊まってのんびりしています。読書や頭の整理を行っているのですが、あえて予定は何もいれず「何もしなくていい贅沢」を味わっています。普段都会の喧騒の中にいると気付かないような事も見えてきて、英気を養えます。まあ元々の性格が止まってられないので、2、3日するとスマホで近くの柔術道場を探してしまいますが。

Top of Page